川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

35th ホワイトクリスマス賞

2013-12-27-Fri-01:29
2013年の川崎競馬のフィナーレを飾ったのは、芦毛・白毛馬限定競走としておなじみの「ホワイトクリスマス賞」。年末の川崎競馬の名物レースも、今年で35回目を迎えます。今年は14頭で行なわれました。

  131220川崎12Rホワイトクリスマス賞-01 パドック

 今年の出走馬14頭(すべて芦毛です)

  131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 01 ノーザンハリアー 131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 02 ピーエムイレブン  131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 03 キョウエイプレアー
  131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 04 メンドーサ 131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 05 ギンザグリングラス 131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 06 シルクスノーマン
  131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 07 マンツーマン 131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 08 テイエムミライオー 131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 09 キシュウレジアス
  131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 10 ナイトシアター 131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 11 ビービーシェンロン 131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 12 トキノゲッコウ
  131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 13 ヒカリワールド 131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 14 リアルアビリティー

 本馬場入場では3頭の芦毛の誘導馬が先導し、合わせて17頭の芦毛馬の競演となりました。残念ながら全日本2歳優駿の誘導に登場したビービートルネードは誘導業務をお休みしましたが、代役としてトゥインクルジョイが登場。

  131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 誘導馬-01 131220川崎12Rホワイトクリスマス賞 誘導馬-03 トゥインクルジョイ 誘導馬もすべて芦毛

 レースは、断然人気の1.6倍に支持されたリアルアビリティーが前半3ハロンを34秒9の猛ラップで逃げましたが直線で失速し8着。4番手を進んだ2番人気のトキノゲッコウが4角で並びかけるとそのまま力強くゴール板を駆け抜けて優勝。
2着には直線に入り伸びてきたシルクスノーマン。3着には、レース上がり3ハロンを1秒5上回る鬼脚で追い込んできたナイトシアターが入りました。

  131220川崎12Rホワイトクリスマス賞-02 ビジョン 131220川崎12Rホワイトクリスマス賞-03 1周目直線 131220川崎12Rホワイトクリスマス賞-04 ゴール1
  131220川崎12Rホワイトクリスマス賞-06 口取り   35thホワイトクリスマス賞 結果
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME