FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

富士見オープン

2018-10-19-Fri-08:20
開催4日目のメインレースには富士見オープンが9頭立てで行われました。

レースはガヤルドがハナを主張、断然人気のキングミニッツは控えての2番手、エスケイアリュールとマルヒロナッツオーが続いて1周目の直線へ。流れが落ち着きそうな所でアサクサスターズが動き出し、2番手まで押し上げます。
2周目向こう正面でガヤルドがペースアップを計りますが後続との差は思うように広がりません。3~4角中間でアサクサスターズが先頭に並びかけ、キングミニッツも追撃を開始します。
直線でアサクサスターズとガヤルドが併せて叩き合う所を残り20mからグンと伸びたキングミニッツがまとめて交わして優勝しました。

優勝はキングニミッツ
 181018 富士見オープン-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 富士見オープン 結果
 
 

福島のおいしいお米「天のつぶ」記念

2018-10-19-Fri-08:10
開催4日目の9レースには「福島のおいしいお米「天のつぶ」記念」が行われました。
また2号スタンド1階では福島のPRコーナーも用意されました。
 181018 福島のおいしいお米「天のつぶ」記念-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。


レースは外からウインフィロソフィ、オトメノスガタ、エンジェルユーの3頭が先手を取りにいき、ハナはウインフィロソフィ、2番手にオトメノスガタで1角を回ります。エンジェルユーはナムラメルシーと共に3番手、縦長の展開となります。
向こう正面中程を過ぎ、ジリジリとナムラメルシーが前を行く2頭との差を詰めにかかり、後続勢も動き始めます。4角でウインフィロソフィに並んだナムラメルシーは直線半ばで先頭に立ち、最後は騎手の気迫に応えて押し切り勝ちしました。

優勝はナムラメルシー
 181018 福島のおいしいお米「天のつぶ」記念-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 福島のおいしいお米「天のつぶ」記念 結果

勝利ジョッキーは瀧川寿希也騎手
 181018 福島のおいしいお米「天のつぶ」記念-03

瀧川寿希也騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 【今開催本当に調子がいいですね】良い馬にたくさん乗せて頂いているので。でも本当に良い流れで来ていると思います。
 (騎乗したナムラメルシーは)前回は北海道で休んだ後でちょっと重かったのですが、パワーアップしたなという感じはしていました。エンパイア(メーカー)産駒という事でちょっと気性が悪い所があるので
 なだめながら(乗って)ゴール前結構頭を上げて嫌々走ってましたけれど本来の力ならもっと楽勝できるはずなので、そのあたりが今後の鍵を握っていますね。でも今日は勝てて良かったです。
 (馬が)勝った後はなかなか勝てないというのが競馬の法則なんですけれど、厩舎(スタッフ)とコンタクトを取って、連勝出来れば良いなと思っています。
 (自分自身、今年)こんなに勝てるとは思っていなかったんですけれど、調教師が良い馬に乗せて頂いたり、馬主様が良いチャンスをくれたり、自分は勝つ事でしか恩返しが出来ないのでそれを重点にして頑張っていきたいと思います。
 乗るからには全部1着を目指して乗りたいんですけど、馬(の調子)もだめな時もありますしその辺は温かく見守って頂けると助かります。
 (自分は)一開催で10勝が最大なのですが、この勝ちで9勝となりましたので、この後のレースと明日で(自己ベストを)更新出来るように頑張りますので期待してください。よろしくお願いします。

プレゼンターはJA全農福島消費地販売部長:棚木新栄様が務めました。
 181018 福島のおいしいお米「天のつぶ」記念-04

棚木新栄様によるPRコメント
 今日は福島のおいしいお米「天のつぶ」を提供して協賛レースを行いました。
 「天のつぶ」は福島のオリジナルのお米で特徴としては米粒が大きくてしっかりとした食感のお米でございます。
 どうぞ福島のお米、今後共よろしくお願い致します。ありがとうございました。

最後は恒例の記念撮影
 181018 福島のおいしいお米「天のつぶ」記念-05

関係者のみなさま、おめでとうございます。

JA全農福島の詳細については こちら をご覧下さい。
 
 

JRA認定 ニュージェネレーション賞

2018-10-19-Fri-08:00
開催4日目の第4レースにはJRA認定:ニュージェネレーション賞が7頭立てで行われました。

レースはサンエイロードがダッシュ力を生かしてハナに立ち、クオッカが何とかついて行こうと2番手。3番手までは5馬身ほど間が空いて縦長の展開となります。
3角を過ぎるとサンエイロードがクオッカを引き離し始め、4馬身ほどのリードをつけて直線へ。
直線で気合をつけると鞭を使わずとも差を広げ続け、最後は8馬身差をつけて圧勝しました。

優勝はサンエイロード
 181016 JRA認定 ニュージェネレーション賞-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 JRA認定 ニュージェネレーション賞 結果
 
 

第17回鎌倉記念(SII)

2018-10-18-Thu-08:10
開催3日目のメインレースは未来優駿2018の第17回鎌倉記念(SII)
今年からSⅡに昇格し、1着馬には全日本2歳優駿への、1着~3着となった牝馬にはローレル賞への優先出走権が与えられます。
ホッカイドウ競馬から3頭が参戦し、13頭立てで行われました。

レースはカンゲキがハナを主張。リンゾウチャネルはそれを行かせての2番手。ルマーカーブルが3番手まで押し上げて1角を回りますが、ミューチャリーとヒカリオーソが内ラチ沿いから交わして2角へ。
ペースが大きくは落ちないまま向こう正面、後続勢が前を追いかけますが先行集団との差はなかなか縮まらず、3角を過ぎるとリンゾウチャネルがスパートを開始。
それを見るようにミューチャリーも追い出しを始めるとグングンと加速し4角では先頭に並びかけ、あとの直線は独断上。あっという間に6馬身の差をつけて圧勝し、全日本2歳優駿への優先出走権を獲得しました。

優勝はミューチャリー
 181017 鎌倉記念-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第17回鎌倉記念 結果

レース後の検量室前
 

口取り
 181017 鎌倉記念-02 181017 鎌倉記念-03

勝利ジョッキーは御神本訓史騎手
 181017 鎌倉記念-04

 

表彰式
 181017 鎌倉記念-05

最後は恒例の記念撮影
 181017 鎌倉記念-06

関係者のみなさま、おめでとうございます。

※騎手インタビュー動画
 

※調教師インタビュー動画
 

川崎競馬からは7頭が参戦しました。

3着:グラビテーション
 181017 鎌倉記念-07 181017 鎌倉記念-08

4着:ヒカリオーソ
 181017 鎌倉記念-09 181017 鎌倉記念-10

6着:カネトシテッキン
 181017 鎌倉記念-11 181017 鎌倉記念-12

8着:ドゥーナ
 181017 鎌倉記念-13 181017 鎌倉記念-14

9着:リックシンパ
 181017 鎌倉記念-15 181017 鎌倉記念-16

10着:スフォルツアート
 181017 鎌倉記念-17 181017 鎌倉記念-18

11着:セイシャレード
 181017 鎌倉記念-19 181017 鎌倉記念-20

今年の鎌倉記念は平成29年に記録した同競走の売得金額レコード(2億6,784万3,300円)を更新するとともに、同競走施行日における1日あたりの売得金のレコードを更新しました。

 鎌倉記念競走の売得金レコードの更新について
 
 

今井輝和調教師 100勝達成!!

2018-10-18-Thu-08:00
今井輝和調教師が10月17日の川崎競馬第3レースにおいて、管理するアトラクティヴアイ(酒井忍騎手騎乗)で勝利し、2002年の厩舎開業から1,570戦目にして地方競馬通算100勝を達成しました。

100勝を達成した17日の第3レース
 181017 今井輝和調教師 100勝-01 181017 今井輝和調教師 100勝-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

100を意味する1本指で笑顔の今井輝和調教師
 181017 今井輝和調教師 100勝-03

今井輝和調教師コメント
 「積み重ねではあるのですが、こんな僕でも100勝てたというのはスタッフはもちろん応援して頂いている馬主様、関係各位の皆様の応援の賜物であると思っています。
  うちの厩舎馬に騎乗回数の多い酒井忍騎手で決めたかったので良かったです。
  開業の頃は色々と目標があったのですが、ままならずという所もあって、今は数字を意識するよりは馬を作る事に集中し、1つ1つ勝って馬主様の喜びの声を聞こえるようなスタンスです。
  ですのでこれからも1つ1つ積み重ねて行きたいと思います。ありがとうございました。」

今井輝和調教師、ならびに関係者のみなさま、おめでとうございます。

今井輝和(いまい てるかず)調教師
 初出走:2002年12月26日 アントファガスタ
 初勝利:2003年7月21日 ワンダフルワンダー
 成績(平成30年10月17日第3レース現在):1,570戦100勝
  2着140回 3着128回 4着144回 5着142回 着外916回

・重賞勝利 なし


 
 
RREVHOME NEXT