FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

赤岡修次騎手 南関東期間限定騎乗を終了 期間中の勝ち星は35勝

2019-08-07-Wed-08:10
6月10日から8月6日までの2ヶ月間、川崎:内田勝義厩舎所属として南関東期間限定騎乗していた赤岡修次騎手。
開催2日目、3日目を3勝ずつの固め打ち、川崎2開催連続リーディングで期間限定騎乗の締めを飾りました。

35勝目となった8月6日川崎8R(騎乗馬:ミスダイテン)
 190806 川崎8Rで35勝目をあげた赤岡修次騎手
 ※画像をクリックすると大きくなります。

笑顔で35勝のポーズを決める赤岡修次騎手
 190806 赤岡修次騎手

赤岡修次騎手コメント
 (期間限定騎乗出来る)2ヶ月間、目一杯乗る気であればあと4日、船橋開催まで(騎乗可能)だったんですが、夏場はキツイという事で川崎開催の終わりまでとしました。
 (あと4日あれば)もう少し勝ち星を重ねられたかも知れませんが満足いく結果です。
 期間中、一番印象に残ったのはヤマノファイト(船橋:矢野義幸厩舎)です。
 本当に良い馬で力もあるのは知っていたので、「最近後ろからになって不甲斐ないレースが続いてるから」と頼まれて騎乗、レースでは前に出していって良い結果を残せ、重賞でもやれるという手応えも感じました。
 良い馬に良い時に乗せて頂けたおかげだと思います。今後、同馬が重賞に出走する時にはまた呼んでくれると言ってもらえましたし、重賞を勝てる力がある馬で2連勝出来たのは大きかったですね。
 このあとは地元に戻りますが、高知競馬だけでなく、体力が続く限り頑張ってスポット参戦で南関東競馬も盛り上げたいです。

期間限定騎乗は終了しましたが、これからも重賞開催日にスポット参戦してきた時は赤岡修次騎手から目が離せません。
 
 

令和元年度第6回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2019-08-07-Wed-08:00
今開催は2鞍、1頭が競走除外となり計15頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

6頭立てで行われた4レース。 距離900m
勝利したのは、藤本現暉騎手騎乗のワタリフレーム [牝]。

レースは好スタートからハナを奪うとそのまま1馬身1/2差をつけデビュー戦を制しました。
タイム55秒4

 190806 スパーキングデビュー-01 優勝はワタリフレーム
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ワタリフレーム[牝] 佐々木 仁 厩舎

 父:トゥザワールド 母:ラヴソースウィート (母の父:スペシャルウィーク)


9頭立てで行われた5レース。 距離900m
勝利したのは、赤岡修次騎手騎乗のミナミン[牝]。

レースは逃げを打ったミナミンが3角で気の悪い所も見せましたが、直線再度伸びて1馬身1/2差をつけデビュー戦を制しました。
タイム54秒8

 190806 スパーキングデビュー-02 優勝はミナミン
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ミナミン[牝] 内田 勝義 厩舎

 父:スピルバーグ 母:オルターネイティヴ (母の父:タイキシャトル)
 
 

芙蓉賞(戸塚記念トライアル) 優勝はダンサーバローズ

2019-08-06-Tue-08:10
開催2日目の11レースには準重賞:芙蓉賞(戸塚記念トライアル)が8頭立てで行われました。
1着~3着馬には戸塚記念(SI)への優先出走権が与えられます。

レースは内ラチ沿い3番手を追走していたダンサーバローズが直線半ばで先頭に立つと一気に差を広げ4馬身差をつけて完勝、2着に逃げ粘ったトーセンボルガ、3着に追い込んできたケンゴッドと共に戸塚記念への優先出走権を獲得しました。

優勝はダンサーバローズ
 190805 準重賞:芙蓉賞(戸塚記念トライアル)-01 優勝はダンサーバローズ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 準重賞:芙蓉賞(戸塚記念トライアル) 結果
 
 

やまなみ五湖「相模湖」賞 優勝はマサノホウオウ

2019-08-06-Tue-08:00
開催2日目の10レースには「やまなみ五湖「相模湖」賞」が行われました。

レースは逃げ馬の外側でレースを進めたマサノホウオウが直前で抜け出すと後続の追撃を振り切り、そのまま3/4馬身差をつけて優勝しました。

優勝はマサノホウオウ
 190805 やまなみ五湖「相模湖」賞-01 優勝はマサノホウオウ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 やまなみ五湖「相模湖」賞 結果

勝利ジョッキーは矢野貴之騎手
 190805 やまなみ五湖「相模湖」賞-02

矢野貴之騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 (マサノホウホウ号は)非常に乗りやすい馬なので、何の注文も無く2番手のいい位置が取れました。
 (中央から)転入してから2連勝を飾った時の走りと比べると物足りなさもありますけど、(直線最後まで)よく凌いでくれました。
 (8月3日は矢野貴之騎手の誕生日でしたが)先週の金曜日(8月2日)は見事に風邪を引きまして皆様に御迷惑をお掛けしてしまい、今年はあまりよい誕生日とはなりませんでした。
 暑い中、御来場頂きありがとうございます。僕も含めて体調管理が大変かと思いますが、危なくない程度に夏を楽しんで頂ければと思います。また応援の程よろしくお願いします。

プレゼンターは水源地域交流の里づくり推進協議会事務局長:田邉親司様が務めました。
また宮ケ瀬ダム周辺振興財団のマスコットキャラクター「みやがせミーヤくん」(左)、「あいかわあいちゃん」(右)も遊びに来てくれました。
 190805 やまなみ五湖「相模湖」賞-03 190805 やまなみ五湖「相模湖」賞-04

田邉親司様によるPRコメント
 やまなみ五湖とは、私達神奈川県の大切な水がめである相模湖・津久井湖・奥相模湖・丹沢湖・宮ヶ瀬湖、この5つのダム湖を指します。
 このダム湖がある水源地域は緑豊かな自然があって、この時期ですと川遊びですとか、工芸あるいは農家体験など様々な体験が出来ます。
 また地元の美味しい食べ物もたくさんあります。こういった水源地域と言うと山奥と思われる方もたくさんいらっしゃると思いますが、そんな事はありません。
 特にこのレースの名称であります「相模湖」は車であれば中央高速の相模湖ICから、電車であれば中央線の相模湖駅からすぐの所にあり、とてもアクセスのいい所です。
 これから夏休みという方もいらっしゃると思いますし、お子様達の夏休みもまだまだ残っているかと思います。
 是非、水源地域に足を運んで頂き、その魅力を体感して頂ければと思います。

最後は恒例の記念撮影
 190805 やまなみ五湖「相模湖」賞-05

カツマルくんと「みやがせミーヤくん」、「あいかわあいちゃん」での記念撮影。
 190805 やまなみ五湖「相模湖」賞-06

関係者のみなさま、おめでとうございます。

神奈川やまなみ五湖の詳細については こちら をご覧下さい。
 
 

水が育む愛の町愛川町サマーカップ 優勝はブースター

2019-08-03-Sat-08:40
開催初日のメインレースには、水が育む愛の町愛川町サマーカップが1頭競走除外の13頭立てで行われました。
レースに先立ち、愛川町の観光キャラクターの「あいちゃん」が子供達で溢れる内馬場をグリーティングしました。
 190802 水が育む愛の町愛川町サマーカップ-01 190802 水が育む愛の町愛川町サマーカップ-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

レースはブースターが逃げ込みを計る所にデランブルが襲いかかり一旦前に出たかに見えましたが、最後はブースターがもう一伸び。首の上げ下げとなりましたが頭差でブースターが辛勝しました。

優勝はブースター
 190802 水が育む愛の町愛川町サマーカップ-03 優勝はブースター
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 水が育む愛の町愛川町サマーカップ 結果

勝利ジョッキーは山林堂信彦騎手
 190802 水が育む愛の町愛川町サマーカップ-04

山林堂信彦騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 (直線で)馬がソラを使ってしまったので(詰め寄られましたが、後方から)馬が来たらハミを取り直してくれたので、諦めずに追ったら(僅差で)勝つ事が出来ました。
 (接戦となりドキドキしたというより)凄い馬だなと感心させられました。
 急に暑くなったので馬も少し夏バテ気味な所もあったんですけど、前回はハプニングがあったので今日はすんなりゲートが出られれば良い勝負をするんじゃないかと思ってました。(結果が出て)良かったです。
 別に(前へ)行かなくても競馬が出来る馬なので、理想はもう1列下げた所だったんですけど今日は行く馬がいなかったので、ああいう(逃げの)競馬になってしまいました。
 今日は暑い中、御来場頂き誠にありがとうございます。これからも応援よろしくお願い致します。

プレゼンターは愛川町副町長:吉川進様、「あいちゃん」が務めました。
 190802 水が育む愛の町愛川町サマーカップ-05 190802 水が育む愛の町愛川町サマーカップ-06

吉川進様によるPRコメント
 愛川町は神奈川県の中央部、相模原と厚木市に接した町でありまして、水と緑の豊かな町でございます。
 愛川町には宮ヶ瀬ダムがございます。宮ヶ瀬ダムは全国的にも珍しい「観光放流」を定期的に行っております。
 そして「夏に行きたい観光ダム」というランキングで、あの(有名な)黒部ダムを抜きまして全国一位になりました。
 川崎からですと圏央道を使って、相模原愛川ICで降りて頂ければ1時間程度で行ける町でございますので、是非皆様方の御来場をお待ちしております。よろしくお願い致します。ありがとうございました。

最後は恒例の記念撮影
 190802 水が育む愛の町愛川町サマーカップ-07

カツマルくんもあいちゃんと2ショット
 190802 水が育む愛の町愛川町サマーカップ-08

関係者のみなさま、おめでとうございます。

8月18日に行われる「第36回愛川町勤労祭野外フェスティバル」の詳細については こちら をご覧下さい。
 
 
RREVHOME NEXT